HOME  since 2001/04/24 back


日( )

2018年2月25日() 久しぶりに真岡市の井頭公園を散策
 昨日も暖かい一日だった。朝6:00の外気温はマイナス4度だったが、日中は10度くらいまで気温が上がり、日向では午後3時に16度ほどにまでなった。朝真岡市の井頭公園に行った。
 井頭公園にはヤブツバキが多数あるが、ツバキキンカクチャワンタケの発生する樹は意外と少ない。昨日も20ヶ所くらいのツバキ樹下を探したが、大部分の場所ではツバキンの発生は見られず、緑の相談所下のツバキ園周辺にだけしか見られなかった(a, b)。
 切り株には干からびたカワラタケやシハイタケがやたらに目立った。干からびていないキノコでは柔らかくて弾力性のあるシワタケがあちこちで見られた(c, d)。
 広葉樹の樹幹に着生するタイ類を持ち帰ってきた(e, f)。クラマゴケモドキ科らしいが、後日久しぶりにタイ類の観察をしてみよと思っている。とりあえず油体だけを確認した。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)


2018年2月24日() セツブンソウ最盛期
 昨日は朝こそすっかり雪に覆われたが、日中気温が高くなり夕方には日向の雪はほとんど消えた。午前中にセツブンソウを鑑賞するため栃木市星野に向けて車を走らせた。日光市から南下するにつれ積雪は少なくなり、栃木市に入る頃には周囲に雪はほとんどなくなった。
 星野の「四季の森」では遊歩道脇の瓦礫の斜面にセツブンソウが多数群生して花を開いていた。カメラを構える観光客の姿もかなり見られた。先日(雑記2018.2.14)はガラガラだった駐車場にも車が並び(a)、昨年一昨年と比べると圧倒的に多くの花を見ることができた(b〜f)。
 鹿沼市下永野の御嶽山神社(g)でも先日とは比較にならぬほど沢山のセツブンソウが咲いていた(h〜l)。ここでは斜面ではなく平らな庭に広がっている。上述の星野の株と比べて、花の柄が短いタイプが多い。セツブンソウに関してこの神社は知る人ぞ知る名所らしい。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)


2018年2月23日(金) 積雪5cm、たいしたことはないが
 昨夜から雪が少し強くなってきて、朝目を覚ますと一面雪に覆われていた(a〜d)。積雪としては5〜6cmほどだが、このまま放置すると凍りついて事故を誘発しかねない。朝一番の仕事は市道の歩道部分の除雪作業となった(e)。歩道の除雪を一通り終わらせてから自宅周りとプリウスの除雪をした(f)。それにしても今朝は暖かい。am6:00の外気温はマイナス2度。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)
 昨日朝の様子もメモしておくことにした。自宅周辺では雪が舞っていたが、日光だいや川公園の大駐車場に雪はなくどんよりと曇っていた。日向には全く雪は残っていないが、日陰の遊歩道脇にはまだ残っていた。公園からは女峰山や男体山は全く見えなかった。夕方になっても雪は舞っていた。終日気温が低いままで肌寒い一日だった。
 
(g)
(g)
(h)
(h)
(i)
(i)
(j)
(j)
(k)
(k)
(l)
(l)


2018年2月22日(木) 犯人はタヌキだったらしい
 庭に穴を掘って埋めた生ごみが掘り返されるということが何度かあった。あまり深く考えずカラスにでも突かれたのだろうと思っていたが、どうやら犯人はタヌキだったらしい。昨日顕微鏡室の窓から外を覗いたら、いままさにタヌキが歩いていくところだった。
 いわき市に住んでいるときには頻繁にタヌキがやって来た。畑を掘り返されたり、コンポストの横から地下への穴をほったりされることは日常茶飯事だった(雑記2013.1.18同2013.1.17同2012.11.19)。日光に転居してからも身近でタヌキの死骸は何度かみているが(同2017.1.3)、日中目の前に現れるとは思ってもいなかった。


2018年2月21日(水) 2週間経過のザゼンソウとオオハクチョウ
 先日訪問した大田原市北金丸のザゼンソウ群生地に再び行ってきた(a)。前回はまだ7つほどしか開花していなかったが(雑記2018.2.5)、昨日は40〜50個ほど見られた(b〜e)。
 管理を委託されている人とよもやま話を楽しんだ。それによれば新聞の写真を見てやってくる人のなかには、子供の頭ほどの大きさの花を想像していたらしく、実物をみてガッカリして帰る人が多いということだった。一昨年は庭にフクジュソウが一面に咲いていたが、ことしは数株しかなかった。これはすべて盗掘による結果だということだった。
 羽田沼のオオハクチョウはどこかにでかけて食事中らしく、数羽しか残っていなかった(f)。
 
(a)
(a)
(b)
(b)
(c)
(c)
(d)
(d)
(e)
(e)
(f)
(f)


[節目]

2017年1月きのこ雑記 を廃して、日々の雑記 として再出発
 「きのこ雑記」は「こけ雑記」と並ぶサブ・サイトとした
2017年1月こけ雑記 再開
2015年6月26日福島県いわき市から栃木県日光市 へ転居
2012年1月26日埼玉県川口市から 福島県いわき市へ転居
2006年7月こけ雑記 開始 (2011年8月 中断)
2001年4月今日の雑記 開始
2000年11月きのこ雑記 開始

[過去の雑記]

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018
2017
2016
2015
2014 中下
2013
2012 上中
2011 中下 中下
2010
2009 中下 中下
2008
2007 上中
2006
2005
2004
2003
2002
2001